仮想通貨ウォレットの仕組み~おすすめのアプリ紹介

仮想通貨ウォレットの仕組み~おすすめのアプリ紹介

ウォレットとは仮想通貨をしまってある場所のことを指します。

しかし仮想通貨には実体がないので、暗号データをしまってあるファイルフォルダのようなものをイメージするとよいでしょう

仮想通貨(暗号通貨)ウォレットとは

つうか
つうか
ウォレットって何?
かそお
かそお
財布って意味だよね?
そうそう、仮想通貨をしまっておく入れ物ってことだよ
カレン
カレン

仮想通貨の保管の方法でウォレットは大きく2種類に分かれます。

ホットウォレット Hot Wallet

ホットウォレット

ホットウォレットとはインターネットに接続した状態で仮想通貨を保管しているウォレットのことを指します。

メリットとしてはインターネット環境があればどこにいても送金でき、送金スピードも速いため利便性が高いということが挙げられます。

デメリットとしては常時インターネット環境に置かれているためにハッキングの被害にあう恐れが高いということが挙げられます。

以前はPCのウェブブラウザからの接続が多かったのですが、現在は利便性からスマートフォンからの接続が主流になっています。

そのため生体認証システム(指紋認証)を併用してセキュリティを高める対策が一般的になってきています。

コールドウォレット Cold Wallet

コールドウォレット

コールドウォレットとはインターネットから切り離された場所に仮想通貨を保管しておくウォレットのことを指します。

USBタイプのウォレットやパスフレーズ(パスワードよりも長い文字列)を紙に書きとって記録する方法などがあります。

メリットとしては完全にウェブ環境から切り離されているためにほぼ不正アクセスの被害にあうことがないということが挙げられます。

デメリットとしてはアクセスのたびにパスフレーズを入力して復元する作業が必要になり、その分送金時間が長くなったりということが挙げられます。

長期保管する場合安全にしまって置ける金庫のようなものをイメージすると良いでしょう。

他者に対して安全な分、パスフレーズを紛失すると二度と取り出せなくなるので注意が必要です

仮想通貨(暗号通貨)ウォレット種類

仮想通貨ウォレットは保管場所によってさらに細かく分類されます。

仮想通貨ウェブウォレット Web wallet

ウエブウォレットGerd AltmannによるPixabayからの画像

ウェブウォレットはインターネット上からブラウザを使ってアクセスできる仮想通貨ウォレットです。

仮想通貨取引所などに併設されているウォレットなどもこれにあたります。

仮想通貨取引所を開設して日本円でビットコインなどの仮想通貨を購入したとき、その仮想通貨送受金データを置いてある場所がウェブウォレットになります。

ウォレットは通貨ごとに作られるので、その取引所に10種類の仮想通貨を持っていればウォレットも10個作られます。

最近はほとんどの仮想通貨取引所が取引や送金時以外はコールドウォレットに仮想通貨を切り離して管理しているため以前よりは安全性が高まっています

仮想通貨アプリ(ソフトウエア)ウォレット App wallet

ウォレットアプリ

アプリウォレットはパソコンやスマートフォン等自分の管理下にあるデバイス(端末)にアプリをインストールするタイプのウォレットです。

ウェブウォレットとの一番の違いはウェブウォレットはインターネットでつながっており、不特定多数の人がアクセスすることが可能ですが、スマートフォンは仮想通貨の持ち主当人のみが持ち歩いているのでより安全性が高いと言えるでしょう。

また、ほぼQRコード決済方式になっているため、店で買い物をする時にQRコードを提示するだけですぐに品物が購入出来たり、相手のQRコードを読み込んで簡単に送金したりと実用的な使い方ができるウォレットと言えます。

仮想通貨ハードウェアウォレット Hardware wallet

トレザーTREZOR

ハードウェアウォレットは通信環境から切り離した状態でUSBのような端末にビットコインなどの仮想通貨をしまっておけるコールドウォレットです。

厳密にいうと仮想通貨そのもののデータを保管しているわけではなくブロックチェーンにというデータベースにアクセスするための秘密鍵をしまっておく入れ物です。

そこに仮想通貨そのものは存在しないため、盗まれる可能性は限りなく低く安全です

送金するとき以外はインターネットにつなげないようにすれば現在最も安全な保管方法といえるでしょう。

仮想通貨(暗号通貨)ウォレット送受金と仕組み

仮想通貨ウェブウォレットの仕組み

ビットコインのような仮想通貨の送受金には秘密鍵とそこから生成された仮想通貨のアドレス(公開鍵=長い文字列のウォレットID)が一致しないと送れない仕様になっています。

仮想通貨取引所も秘密鍵を持っているので送金ができるようになっています。

仮想通貨取引所ではトランザクション(送金記録)一つに大量の仮想通貨が割り当てられていて、自分以外の仮想通貨もまとめて入っています

仮想通貨取引所から送金して着金してはじめて自分の公開鍵が有効となり、取引所に置いてあった仮想通貨は自分の資産として確定することになります。

仮想通貨アプリ(ソフトウェア)ウォレットの仕組み

仮想通貨アプリ(ソフトウェア)ウォレットをインストールすると秘密鍵が生成されます。

生成された秘密鍵はウェブ上ではなく仮想通貨にアクセスできるデータとして暗号化されてスマートフォン等の端末のハードディスクに保存されています

ウォレットアプリ内の仮想通貨の送金用アドレスと、端末に保存されている秘密鍵で仮想通貨を送受金します。

秘密鍵は十数個のフレーズ(単語)で表現され、それをインターネットから切り離された場所に保管(紙に書き写してしまっておくことからペーパーウォレットという呼び方をされたりします)することによって、スマートフォンの機種変更をしたとしてもデータを復元することが出来るようになっています。

ソフトウェアウォレットのつもりでアプリのインストールをしたのにどこかの仮想通貨取引所にアプリだったということがないように確認が必要です。

仮想通貨ハードウェアウォレットの仕組み

ハードウェアウォレットでは自身の秘密鍵を初期化して使用の都度新しく生成することができます。

生成された秘密鍵は仮想通貨にアクセスできるデータとして暗号化され、ハードウェアウォレット本体に保存されています

各ハードウェアウォレットの送金用アドレスと、ハードウェアウォレット本体の秘密鍵で仮想通貨を送受金します。

秘密鍵は十数個のフレーズ(単語)で表現され、それをインターネットから切り離された場所に保管(紙に書き写してしまっておくことからペーパーウォレットという呼び方をされたりします)することによって、たとえウォレットを無くしたり破損したとしてもデータを復元することが出来るようになっています。

逆の言い方をすればフレーズを知られると秘密鍵が解読されトランザクション(仮想通貨の送受信記録)にアクセスすることが出来るようになるため、仮想通貨が盗まれてしまいます

切り離す意味がなくなるのでフレーズはPCやスマートフォンなどのデバイスに保存せず、必ず紙に書いて保管するようにしましょう。

おすすめの仮想通貨ウォレット

仮想通貨ウェブウォレットおすすめ

取引所ウォレット

仮想通貨(暗号通貨)取引所に併設されているウォレットです。

コインチェック取引所

コインチェック口座開設と登録方法

コインチェック取引所はハッキングによるNEM流出事件以降セキュリティ対策において特に力を注いでおり、現在は東証一部に上場しているマネックスグループ傘下に入り金融庁からも安全性の高い取引所として信頼を得ています。

送受金時以外はコールドウォレットに仮想通貨を切り離して管理しており、保管場所のウォレットは取引所ウォレットの中でも安全性が高いと言えます。

ブロックチェーンウォレット BlockChain wallet

ブロックチェーンウォレットはビットコインBitcoinをしまって置ける老舗のウォレットです。

ビットコインのみ扱っていると思われがちですが、他にビットコインキャッシュBitcoin Cash(BCH)イーサリアムEthereum(ETH)ステラルルーメンStellar(XLM)デジタルUSドル(USTD)を扱い、ブロックチェーンウォレット内でトレードも出来る機能を兼ね備えています

日本語に対応している点も使いやすいウォレットと言えます。

 

マイイーサウォレット MyEtherWallet(MEW)

マイイーサウォレットはイーサリアムEthereum(ETH)が保管できるウォレットです。

マイイーサウォレットの優れている点はイーサリアムだけではなく、ERC20(イーサリアムのプラットフォーム規格)で作られたトークンにも対応している点です。

ERC20規格のトークンをすべて一か所にしまって置けるので管理が楽になります。

 

仮想通貨アプリウォレットおすすめ

ギンコ Ginco

Gincoギンコ

ギンコGincoはスマートフォンにアプリをダウンロードして使うタイプのアプリウォレットです。

ブロックチェーンウォレットもマイイーサウォレットもスマートフォンからもアクセスできるので、操作性は似ていますが秘密鍵がスマートフォンのハードディスクに保管されている点でセキュリティ面で安心です。

また、取り扱い仮想通貨が1000種類以上と幅広く対応しているのでGincoを入れておけば持っている通貨ほぼ全てがカバーできると言えるでしょう。

 

仮想通貨ハードウェアウォレットおすすめ

トレジャー TREZOR

トレジャーはデバイスタイプのビットコインウォレットです。

日本の仮想通貨取引所で購入できる仮想通貨にほぼ対応しているので使いやすいハードウェアウォレットです。

サポートも充実しており敷居が低く、直感的に操作できるのも初めてのハードウェアウォレットとして最適と言えます。

TREZORトレザー

↑↑↑上のバナーをクリックして登録できます↑↑↑

レッジャーナノエス Ledger Nano S

レッジャーナノエスはUSBタイプのビットコインウォレットです。

現在メジャーな27種類の仮想通貨に対応していますが、拡張機能により対応通貨を増やすことが出来るところも魅力になっています。

草コインに投資するようになったら持っておきたい一台です。

Ledger Nano S(レジャーナノエス)

↑↑↑上のバナーをクリックして登録できます↑↑↑

Scroll Up
error: Content is protected !!