2段階認証(2FA)設定

2段階認証(2FA)設定

仮想通貨(暗号通貨)を始めると必ず2段階認証という言葉を聞くようになります。

かそお
かそお
2段階認証って出るけどスキップ出来るからしてないよ
つうか
つうか
スマホにアプリ入れるんでしょ?
よくわからなくて…
簡単だから設定しておいたほうがいいよ!
自分のお金は自分で守らなきゃ
カレン
カレン

2段階認証とは何なのか、なぜ必要なのか?

2段階認証はセキュリティを強化するために導入された概念です。

通常インターネットでログインをする場合、IDとパスワードを求められますね。

これが1段階目です。

IDとパスワードがハッキングに合って誰かに盗まれたとします。

1段階目しかないと容易になりすまされて、個人情報が盗まれてしまいます。

これがクレジットカードや銀行の情報なら?怖いですよね。

2019年7月 7payが7/1から導入されたが相次ぐ不正利用で3日で使用中止になった

こんな事件がありましたね。

7payが本人確認の2段階認証を導入していなかったために起こったとされています。

2段階認証の種類

2段階認証メール

メールを使った2段階認証の方法です。

メールで6桁の数字が送られてきて、それを登録サイトで入力する方法が一般的です。

2020年9月 ドコモ口座名義の口座に地方銀行口座から不正引き出しが相次いだ

こんな事件がありましたね。

2段階認証していなかったと一部で報じられましたが、実はメールで2段階認証されていました。

それなのに何故?と思われるかと思いますが、登録時メールアドレス限定ではなかったため犯人が作成したメールアドレスに認証コードを遅らせてしまう脆弱性で突破されたものとされています。

パスワードを忘れた時など再設定にもメールを利用しますので、2段階のつもりで1段階と同義になってしまわぬよう、選択できるなら別の2段階認証を選択したほうがいいでしょう。

2段階認証任意の数字のカード

スマートフォンが普及する前にインターネットバンキングでよく使われていた方法です。

紙のカードに数字と対応の記号が書かれ、その人しか持ち合わせていないカードの番号表で記号を入力させる方式で本人確認をする方法です。

2段階認証トークン

これもスマートフォンが普及する前よく使用されていた方法です。

6桁の数字を一定時間表示する端末で、ジャパンネット銀行で使用されているものが有名です。

2段階認証SMS

ショートメッセージを利用して6桁の番号を送信する方法です。

SMSの電話番号は固有のものなので本人確認方法として有効です。

ガラパゴス携帯でも使用できます。

2段階認証アプリ

スマートフォンの普及でアプリを使った方法が一般的になりました。

2段階認証アプリも何種類かありますが、次の3種類が有名です。

Google 認証システム‎

アップルストアでは「Google Authenticator」と表記されています。

一番有名で一番使われている認証アプリです。

IIJ SmartKey

日本語対応しているので安心感があります。

Authy

機種変更時の移行が簡単です。

2段階認証「Google Authenticator」

ここでは一番普及しているGoogle Authenticatorで設定の方法を説明していきます。

2段階認証設定方法

App StoreまたはGoogle PlayよりGoogle Authenticator/グーグル認証システムをダウンロードします。

一番上の+をタップすると”バーコードをスキャン”か”手動で入力”が表示されます。

通常はバーコードと入力キーの両方表示されているので”バーコードをスキャン”を開いて(QRコードもバーコードの一種なので焦らずタップしましょう)四角の中にQRコードを読み込みます。

それで登録完了です。簡単ですね。

2段階認証

手動の場合は”手動で入力”をタップすると上のような画面が開きます。

登録サイトのアカウントとキーをそれぞれ入力します。

出来れば手動で入力はコピー&ペーストだとしてもなるべく使わないでください。

気付かず一文字コピーし損ねただけで登録失敗、もしくは仮想通貨(暗号資産)が迷子になってしまいます。

QRコードの表示がなくてどうしても入力しなければならないときは、何度も注意して特に先頭と末尾をしっかり確認するようにしてください。

Google Authenticatorにサイトを登録したらあとはそれぞれのサイトで2段階認証を求められたときにアプリを開いて数字を確認、30秒以内に数字を入力するだけです。(間に合わなかったら再度表示された数字を入力すれば大丈夫です)

2段階認証出来ない

Google Authenticatorの場合はキーのコピーし損ねが失敗原因のほぼすべてです。

(まさか本当に手打ちしている人はいないとは思いますが…打ち間違い?)

他に多いケースは特にメール認証(SMS認証)でメールが届かない場合、メールが来るのが遅いだけだったのに届いてないのかと何度も送ってしまうと先に送った認証が無効にされてしまって、どの数字が有効なのかわからなくなるといったケースがあります。

再度送るときは慌てず10分くらいは間隔をあけてみましょう。

そして、メールが10分経っても来ない場合は迷惑メールフォルダを確認してみるようにしてください。

Scroll Up
error: Content is protected !!